大人脳トレクラプ

「大人脳トレクラプ」は、パズルやゲームを楽しみながら、脳トレーニングしていただくクラプです。「脳のアンチエイジング 」をお考えでしたら、クラプで脳トレーニングされてみてはいかがでしょうか。

thumb_IMGP0004_1024.jpg

パズルやゲームは、脳を活性化させ、知的好奇心を刺激するツールであり、自然と会話が生まれるツールでもあります。これらを用いてトレーニングできるのであれば、これほど(脳に)有効で、楽しいツールはありません。暇つぶしの道具にすぎない、と言われたパズルやゲームも、今では思考力を高めるツール、コミュニケーション能力を高めるツールとして認知されております。以下に、「パズルとゲームは、どこが楽しいのか、なぜ面白いのか、どんな効果を得られるのか」について書かれていますので、ご覧ください。

DSC_0024.jpg
2004年脳トレブームは真っ盛りでした。ニンテンドーDSやパズル誌は店頭などで多く販売されていました。しかし、同じようなものばかりで新鮮さが伝わってこない。「それなら新しいパズルやゲームを作り、驚きを提供したい」「非電源(アナログ)パズルやゲームなら、作れるのではないか」と思ったのが、作り始めるきっかけでした。ルールの段階から作ったという人はほとんどいない中で、一から考え、何回も作り直したので、作るのに凄まじく時間と労力を要しましたが、それをやり遂げました。作成中ブームは去りましたが、すっかり去ったわけではありません。最近中学入学試験や就職試験などに於いて、パズル的な考えを必要とする問題が増えております。それに伴い、「脳トレ教室」「アルゴクラブ」「パズル道場 」など小学生にパズルやゲームをさせる学習塾が増えております。また、BITS PUZZLEやマインドラボを総合学習や研修に導入する学校や企業も多く存在します。加えて、書店に於いては、脳活に関する本も数多く並べられております。高齢者も増え、脳トレは、下火になるどころか第二のブームになりそうな勢いです。このような情勢を鑑み、作った多くのパズルとゲームの中から、心底楽しめるもの、考えさせられるものを選び、公開した次第です。

035106.jpg

パズルは、ペンシルパズルと呼ばれているもので、鉛筆と消しゴムを用いて、計算しながら、パズル面に答えを書くものです。クロスワードパズル、お絵かきロジック、スケルトン、ナンプレ、ループ、ペントミノ、迷路パズル、経路パズル、面分割パズル、推理パズル、虫食い算、最適化パズルなど既存のパズルの周辺を考えたものから、まったく新しい発想、形式のものまで上級クラス用46種類(計440問)、初級クラス用31種類(計210問)も用意されているので、飽きることはありません。数理パズルと文系パズルからなり、数理パズルは、数と論理からなり、ややこしい計算や高度な数学知識は不要です。文系パズルは、文理融合しており、語彙力不足は、計算力、ひらめき力、論理的思考力でカバーできます。「解き始めると?と思うもの」「頭をひねらなければならないもの」「多面的に考えなければならないもの」「意外性のあるもの」「解き方は分っているのに解けないもの」が「面白い」と言われていますが、作った中からそのようなものだけを選んだつもりです。ヒントを見たとき、「なるほど」と思えるものがよいパズルであり、そのようなものを選んだという訳です。どのパズルも、A4・1ページの構成で、上からタイトル、2~4行のルール、パズル面、れい)の順に印刷されています。れい)は、完成例の図で、一目で解き方が分るものです。解答者は、ルール、れい)を見ながら、パズル面に答えを書いていきます。これを続けていくうちに、集中力や論理的思考力(筋道を立てて考える力)や多面的思考力(複数のことを同時に考える力)や問題解決力、仮説・検証力(使える手をいくつか考え出し、それぞれの展開を思い浮かべる力)を強化できるようになります。このことは、パズルの持つ論理構造から明らかです。

初級用、中級用パズルを用意しております。

200989.jpg

ゲーム(実願平3-103264実開平5-33764)は、アブストラクトゲームと呼ばれているもので、盤と駒からなり、1人用、2人用合わせて20種類用意されています。トムソン型抜きの厚紙からなる円盤状の駒と、A4変形(正方形)サイズの盤面をカラーコピーし、ラミネート加工した盤からなるゲームです。盤面は、4×4マス以内と小さく、8種類以内に色分けされています。駒は、色分けこそされていますが、符号は記されてなく、形や大きさも同じです。手作りのゲームなので、見た目や質感、厚みや重量感は劣りますが、劣った分は「面白さ」でカバーしております。すなわち、どの盤面にも一対の同色マスが複数組配されているため、「マスに駒を配置した、または移動させたとき、それと同色のマスに相手の駒があれば、その2枚の駒を交換する」等のルールを設定することができ、このルールのおかげで、逆転劇や予測の困難さを生むことができたのです。例えば、2人用ゲームに於いては、次の相手の一手により、味方の駒が敵の駒と配置位置を交換され、味方の駒群が危険なパターンに陥ってしまったり、相手にとって危険なマスに自分の駒を配置しておいても、相手はもう一方(同色)のマスに駒を配置してくれる(配置せざるを得なくなる)かどうかは、やってみなければ分からないなど、お互いの思惑が絡んで、スリリングかつ高度なものになっています。プレーヤーの意図が反映されつつも、駒の交換により、突然思い通りにいかなくなる。そこに意外性が生じて面白いのであります。ただし、逆転要素が強すぎると「今までの頑張りは何だったのか」となるので、作る側としては、そのさじ加減が難しいところでもあります。勝つためには、敵味方の駒の位置関係や同色マスの位置関係の把握、駆け引きが必要になります。1人用ゲームは、完成時のイメージを手がかりに、駒をマスに配置していったり、移動させていったりするのですが、色の異なる駒が同色のマスに配置された瞬間、それらのマスの駒の配置位置の交換等が行われます。この駒の交換等により、局面が思わぬ方向へ展開されます。完成させるためには、やはりこれらの位置関係をしっかり把握しておかなければなりません。「局面を評価し、最善手を選択していかなければいけないので、論理的思考力や概念化の能力が強化される」と言うことができます。「複数の仮説を立て、比較しなければならず、そのためには各局面を記憶しておく必要があり、短期記憶力(ワーキングメモリ)も強化される」と言うこともできます。

110377.jpg

ルールは誰でも5分で覚えられます。下の丸数字はゲーム盤の番号を表します 。盤は、拡張性があり、新しいゲームの追加が可能です。


①席替えパズル (1人用 ) 難易度★ ②ツー・バイ・ツー (1人用 ) 難易度★★★ ②反転パズル(1人用 ) 難易度★★  ②ペントミノ (1人用 ) 難易度★★★ ②スワップ (2人用 ) 難易度★★ ②陣取りゲーム (2人用 ) 難易度★★ ②デッドロック (2人用) 難易度★★ ②コラム (2人用 ) 難易度★★★ ②5段目の戦い (2人用 )難易度★★★ ②サイドステップ(2人用 ) 難易度★★ ②T,L,Lパズル(1人用 ) 難易度★★ ③ソーティング(1人用 ) 難易度★★ ④反転スコア(2人用 ) 難易度★★ ⑤反転ヘックス(2人用 ) 難易度★★ ⑤交換ヘックス(2人用 ) 難易度★★ ⑥消滅ゲーム (1人用 ) 難易度★★ ⑥増殖ゲーム (1人用 ) 難易度★★ ⑦線上デッドロック (2人用 ) 難易度★★ ⑦線上反転パズル(1人用 ) 難易度★★  ⑧スキップアウト (1人用 ) 難易度 ★★ ⑨ピラミッド(1人用 )難易度★★★ 

966251.jpg

ところで、「パズルやゲームは、画面上で解いたり、コンピューターと対戦したりするよりも、紙に書いたり、駒を動かしたり、会話しながらするほうが、楽しくて、効果的だ」と思いますが、皆さんはどう思われますか。人はものを考えようとするとき、画面を見ているだけでは、思考を飛躍させることはできません。手で触ったり、書いたり、動かしたりするからこそ、初めて分かることもあり、思考の飛躍ができるのではないでしょうか。そういう意味から言えば、非電源(アナログ)パズルとゲームは、盛り上がりをリアルに感じられたり、相手が飛び切りの笑顔を見せてくれたりするので、効果的で人間味溢れる脳トレツールである、とも言えます。

1ゲームあたりの終局までの時間は2分~20分、1パズルあたりの解答時間は5分~30分です。

ゲームは相手の判断ミスで勝ちを拾ったり、試行錯誤しているうちに、偶然完成できたりする場合があります。それに対して、パズルは、一貫して筋が通った考えをしなければ解けません。「論理的思考力を強化でさる」点に於いては、パズルの方がゲームより優れている、と言えます。そこで、クラブでは、ゲームはパズルを解いた後の時間調整、お楽しみというスタンスで捉えています。

357a5ea0f9135234ecdaa2cde08af043_s.jpg

ちなみに、これらをすると、脳内で何が起こるのでしょうか。「どのようにしたら解けるか、完成できるか、勝てるか」を考えたり、「解けない、勝てない」と悩み、苦しんだりするので、脳は相当活動しているはずです。同時に、鉛筆を持ったり、駒を動かしたりするので、脳へ刺激を伝えているはずです。脳が活動するには血液が必要です。そのため、脳内の血流量が増えます。人は、とっかかりを発見できたり、パズルが解けたり、ゲームに勝ったりすると、「楽しい」と感じます。このとき、脳から快楽物質であるドーバミンが分泌されます。こうした血流量や分泌量の増加から脳は活性化されるのです。また、近年では「脳の神経は使えば使うほど再生する」と言われています。以上の観点から、パズルやゲームは、脳のアンチエイジングに有効である、と言えます。

あなたも脳を活性化させてみませんか。そして、楽しみながら、考える力を身につけてみませんか。




IMGP0006.jpg


アナログパズルやゲームを待ち望んでおられる方は
多いと思います。関心のある人は
サイドメニュー欄「の読者メッセージを送る」から
ご連絡ください。



毎回1節分のパズルを解きます。早く解けた場合は、ゲームをします。時間内に解けなかった場合は、宿題になります。





この記事へのコメント

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。